太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 2009年9月

2009年9月

2009年09月29日斉藤政調会長来県

 斉藤鉄夫政務調査会長が、9月28日(月)上田市において現地視察及び地方議員、党員の懇談会に出席いただきました。
 現地視察は、松くい虫の被害個所を視察。長野県は松くい虫の被害が全国一多く(昨年度(2008年度)、林野庁発表)長野県、上田市の担当者より、それぞれに説明を受けました。市の担当者からは松くい虫防除に毎年2億円弱を投じていることを説明。空中薬剤散布に健康被害への不安の声があることから、県・市双方の担当者がそれに替わる防除対策の研究を求められました。
 斉藤政調会長からは「空中散布については懸念する声も上がっている。具体的に効果のある方法を国としても早急に考えなければならない」との回答がありました。

 

   DSC_1926.JPG
 DSC_1963.JPG

引き続き、党長野県本部の議員、党上田支部の党員との懇談会に出席。これは「現場の声を聞き政策立案していく」(斉藤氏)ため、政務調査会の幹部らが全国を回って地方の声を聞く取り組みの一環として実施されたものです。

 議員との懇談会では、各議員から「公明党は与党に入り政策を実現できたが、公明党らしさを発揮できない面があった」など与党時代の党のあり方に関し多くの意見が出されました。これに対し斉藤政調会長からは「地方議員を加えた党の政策検証チームで議論していく」と回答がありました。

 

 また、党上田支部の党員との懇談会では、参加者から党強化のための議員のあり方などについて、「支援者との関係を強めるため、国会議員による懇談会を定期的に持ってほしい」「住民と一番接する地方議員が直接、公明党の政策を立案していく仕組みが必要」「胸がすくような国会論戦を」「議員一人一人の真剣さが票に直結する」などの要望とともに、平和、福祉、教育そして、政調会長が前環境大臣であったことから、環境問題などの意見や要望が多く寄せられました。

 すべての意見を「拝聴する」姿勢に徹した政調会長から、党の検証チームにおいてきちんと検証する旨の回答がありました。

2009年09月20日全国県代表者懇談会開催

 9月19日(土)党本部において、全国代表者懇談会が開催され、私も長野県代表として出席いたしました。

0920kendaihyo.jpg

 冒頭、山口代表より「皆さんの意見を聞きながら党再建をなし、明年の参院選を勝利するための基軸を作り上げていきたい」「3000人の議員集団が一体となって闘う『新しい公明党』を構築していこう」と強調。また、井上義久幹事長からは「もう一回応援しようと言っていただける党再生を図っていく」と決意の披瀝がありました。


 私は、この代表懇に参加するまでに、県本部所属の全議員の意見をいただき、また、日頃ご支持いただいている皆さんよりご意見を承る機会を10回にわたり設定し、更に約200名の市内支持者の中心的な皆様を訪問、意見聴取をして臨みました。


 公明新聞に各県代表の意見の概要が掲載されておりましたが、下記の通り転載いたします。

 

 【大阪】衆院選敗因の一つは解散の時期。政策面で「元祖・子育て支援」を言ったが、児童手当拡充は民主党の「子ども手当」の宣伝にかき消された感がある。メディア対策が必要だ。
 【兵庫】連立7年間は公明党らしさが発揮されたが、残り3年は自民党の補完勢力になったとの声がある。
 【神奈川】与党の中で埋没した感がある。政策形成のプロセスで公明党らしさを出し、自民党の不祥事に対する発言をもう少し強く出しても良かったのではないか。
 【東京】都議選の大きな流れがそのまま衆院選に続いた。実績の強調より公明党がめざす将来ビジョンを示さなければ、安心感につながらないとの声もあった。
 【沖縄】比例区は(前回比で2倍以上票数を増やしたが)党対党の戦いで、訴えが有権者にささっているのか分かりにくい大変さがある。自民との選挙協力は非常に進んだ。
 【高知】自民党には逆風への危機感が強かった。自公間の選挙協力の信頼は深まった。
 【埼玉】テレビCMがなかったのは残念。連立10年で保守層へかなり浸透できた。新政権が掲げる政策の矛盾点をもっと発信すべきだ。
 【宮城】公明党らしさを取り戻して再生を。福祉、平和、教育などの総点検運動を起こしていくべきだ。地方議員も含めた「党再建対策本部」を立ち上げてはどうか。福祉社会トータルプランのような将来ビジョンを示すべきだ。
 【佐賀】党の政策が支持者の心に響く政策になっていたのか反省を。国会議員と地方議員のつながりを強くすべき。
 【三重】自立支援法など国民に密接な制度をつくる時は、地方議員の声をよく聞くべきだ。党員や地方議員の活動のあり方などを議論する「党活動再生委員会」を立ち上げてはどうか。
 【京都】「調査なくして発言なし」という面をもう一度鍛え直すべき。「チャイルドファーストの社会」「日本版ニューディール」を政策の軸にしてはどうか。
 【滋賀】党幹部が各県に赴いて懇談してもらいたい。無党派対策、特に若い方々への政策をもっと考えないといけない。
 【新潟】民主党の政策に対して、骨太の野党としてビジョンを示しつつ、意見を述べてほしい。
 【福岡】来年参院選の目標と候補を早く決めてもらいたい。福祉、平和の党として野党の存在感を示し、老後や医療の不安、建築不況など公明党に任せれば大丈夫だとの政策提言を。
 【長野】現実を直視し過ぎて夢のある政策が少なかったのでは。3000人のネットワークで、地方議員を組み込んだ政策形成の仕組みにしてほしい。
 【山梨】「ムダを省く」「政治主導」を公明党こそがもっと進めるべき。

 

 概ね、現場にて承ったご意見は網羅されているのではないかと思います。

 

 なお、私の発言で付け加えるならば、①党の世代交代を考えて欲しい。今衆院選で遠山、伊藤、谷口各氏が議席を得られなかったことは、党の将来にとって大変なマイナス。早期の国政復帰の道を考えてほしい。②3000人の地方議員のネットワークを考えた時、特に町村議員の厳しさ(生活できない!)、更に地方議員が議員としてのスキルアップを図るための支援、方策を考えてもらいたい旨の発言をいたしました。

 

 党の総括は10月3日に、再度県代表者会議を開催し、今後の方針も含め発表となっております。
 参院選の勝利を目指し、長野県本部63名の議員が呼吸を合わせて、次の勝利を勝ち取る戦いを開始して参ります。
 

2009年09月08日公明党 新出発!

 本日、党本部において「臨時全国代表者会議」が開催され、私も長野市議の石坂郁雄副幹事長とともに参加いたしました。

席上、既報の通り、山口那津男新代表が選出され、党としての新たなスタートを切ることができました。

その他の人事として、

幹事長に 井上義久さん

副代表に 北側一雄さん

政調会長に 斉藤鉄夫さん

国対委員長に 漆原良夫さん(留任)

 そして、今回規約の改正により「全国代表者会議」の議長職を「常設」として、代表が指名することとなり、初代の議長に前代表の太田昭宏さんが就任することとなりました。

 

 新体制での出発です。来夏の参議院選挙を目指して党一丸となって前進を開始しなければなりません。

 新代表は公明党の再建にあたって、他党にはない公明党の誇るべき財産として

(1)大衆とともに・・・という、揺るがぬ立党の原点があること、(2)全国3000人の地方議員が比類なき団結で連携するネットワーク政党であり、常に現場主義に徹していること、(3)福祉・平和・教育・環境・人権それに加えて中小企業対策などで、公明党ならではの実績、政策を持っていること

を挙げられております。そして、これらを踏まえて党独自性を発揮し、全党あげて立ち上がれば、必ず党の再建はできると決意を披歴されました。

 

 長野県本部におきましても、多くの議員が8月31日から街頭に立ち、御礼の街頭演説、日常活動としての家庭訪問や市民相談を開始しております。私自身も、多くのご支援いただいている皆様からの激励のお言葉をいただき、必ず党を再建せずにはおかないとの思いが漲っております。

 

 すでに、次に向けてスタートは切られております。

 

 敗戦を次の勝利の因とする、賢明な知恵を公明党は持っているとの証明を示す一日一日の前進をしてまいります。

ページの先頭へ