太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 議会活動報告2

活動報告

2011年01月04日議会活動報告2

議会活動報告を掲載いたします。

これにつきましては、動画サイトでもお話させていただいておりますので、そちらもご覧ください。

 

◆県有財産の有効活用で歳入増

 県有施設(合同庁舎や県立高校、図書館など)には、多くの自動販売機が設置されています。

 県では、これまで面積に応じて算出した貸付料を徴収していました。これでは競争原理は働きませんので、当然貸付料も低く抑えられており、すべての貸付料を合わせても21年度実績で451万円にしかなりませんでした。

 

 平成18年に地方自治法が改正され公有財産の貸し付けが可能になったことから、平成21年9月議会一般質問で、太田議員が新たな増収策として、県有施設への自動販売機設置に公募制を導入してはどうかと提案。これに対し県では「来年度から順次、導入していく」と答弁。その後、県立高校や警察署を手始めに、徐々に対象施設を増やしていく方針を示しました。

 

 そして、平成22年3月に公募を実施。4月以降の「場所代」に当たる貸付料収入が年間1億4572万円と、従来の約32倍に達し、同じ場所の21年度実績(451万円)に比べ、1億4千万円以上の増収となりました。

 

自販機リサイズ.jpg

 

 景気後退の中、県の収入も大きく減収となっているなか、県では「貴重な自主財源」と大喜び。

 

 なお、貸付料の最高額は、県立長野図書館(長野市)の一角に設置する自販機の年間なんと198万1千円!!

 皆さん一度見に行ってみてはいかがでしょうか?