太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 県議会の対応

活動報告

2014年09月30日県議会の対応

 

長野県議会では、本日から代表質問を行うこととなっておりましたが、代表質問一人目の自民党県議団本郷一彦団長の質問で、被災者に対するお見舞いと現状に対する質問を行い、知事から現状報告。ここで、議長から「暫時休憩」の発言があり2日の延期となりました。

県議会では前例のない対応ですが、被災の現状に鑑みて当然の対応であると思います。

早期の被災者救出が望まれるとともに、台風が近づいており、堆積した火山灰による土石流が発生しないか心配されます。

状況は、刻々と国会議員にもお伝えしております。

御嶽山は、依然噴煙を上げている状況ですが、農業水産業被害や、観光産業の打撃、さらに地元の皆さんの生活に対する支援や健康管理など、課題は山積です。

写真は、28日の漆原衆議院議員、長沢参議院議員、平木参議院議員との現地調査の状況です。

 

 

140930-1.jpg140930-2.jpg140930-3.jpg