長野県議会議員 太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 2014年10月

2014年10月

2014年10月28日桜島国際火山砂防センター

今日は、長野県議会危機管理建設委員会の視察で、桜島国際火山砂防センターに来ております。
昨年だけで約1,100回の噴火があったとのこと。(桜島は常に噴火しているので、噴煙が1,000m以上あがったら噴火。更に爆発音まで発生すると爆発的噴火と規定しているそうです)
観測機器の設置で、かなりの精度で噴火の予測ができるようになっています。

視察中に噴火が発生して、噴煙があがりました。

 

 

141028-1.jpg141028-2.jpg141028-3.jpg

 

2014年10月21日小学生に議会の説明!

今日は長野県議会広報委員として、県庁見学に来た小学生に議場で議会の仕事などについて説明致しました。朝から、4つの小学校に対し5回行いました。

議場の説明や知事と県議会議員の役割の違い、簡単な歴史をお話ししたうえで、質問を受けするのですが、これが結構鋭い質問だったりして、笑顔の裏で冷や汗をかきながらの答えとなりました。

「県議会は県民のためにどんな仕事をしているの?」とか「そのための工夫は?」とか「日常の活動は?」とか・・・。

真剣にお話しすると、ちゃんと受け止めてくれるのがわかって、とても楽しい経験でした。

 

 

141021-1.jpg

 

2014年10月19日防災訓練に参加

地元栗田地区の防災訓練に参加しました。

ふれあい会館からの避難訓練、消火器、消火栓による消火訓練、AEDの使用方法はじめ救急訓練、長野市防災課による防災研修が行われました。

多くの住民参加の中で、実践的な訓練となりました。

 

 

141019-1.jpg141019-2.jpg141019-3.jpg141019-4.jpg

 

2014年10月18日母校長野東高校の創立40周年記念式典

 

今日は、母校長野東高校の創立40周年記念式典です。
経済アナリストの森永卓郎氏の講演と記念式典、そして祝賀会が行われました。

記念事業は2年前から始まっていて、同窓会とPTAで全クラスにエアコンを設置。
また、野球部と共同で遠征用バス。そして、今や県下の有力校となった吹奏楽部に楽器の贈呈を行いました。

祝賀会では、同じく同窓生の清水まなぶ君のミニライブも行われ、大変に盛り上がりました。

また、弓道部の先輩や顧問の先生ともお会いし、久しぶりの邂逅に話が弾みました。

初代校長の新津先生も矍鑠としてご出席いただいたほか、懐かしい先生方とお会い出来て、40年の時空を超えたような一日でした。

 

141018-1.jpg141018-2.jpg141018-3.jpg141018-4.jpg

 

 

2014年10月13日栗田地区の町内大運動会

 

今日は、地元栗田地区の町内大運動会!

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

雨天のため、体育館に会場を移しての実施です。
子供達が大勢参加してくれて、とても活気がある運動会になりました。

私の参加競技は、開会前のラジオ体操?

 

141013-1.jpg141013-2.jpg141013-3.jpg

 

 

2014年10月09日反対討論

 

本日、一般質問終了後に行われた、議員提案の意見書に対する質疑で、共産党から提出された「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書(案)」について、反対の立場から討論を行いました。

いかに共産党とはいえ、議会に対しては虚偽の内容を記した意見書を提出するわけにはいかなかったようで、彼らが街中などで語っている「フルサイズの集団的自衛権」が容認されたかのような「危険」「懸念」をちりばめた意見書というわけにもいかず、反対討論冒頭で「集団的自衛権の定義」を明確にしただけで...、すべての論拠が崩壊するという、およそ内容の浅い意見書案でした。
ただ、指摘されたことは相当に悔しかったらしく、嘘ゆえに意見書案に記載できなかった「ペルシャ湾が・・・」などと、顔を赤らめて騒ぐ若手共産党議員は、本当に知らないのか?と哀れに思うほどでした。
もっとわからないのが、民主党・社民系議員の動きです。
意見書に賛同の署名はしないものの、何人かは意見書採択のために起立するなど、対応がまちまちで、地方議会においても統一した行動がとれない姿を露呈してしまいました。

さて、「閣議決定」大嫌いな信濃毎日新聞が、明日何を書くかな?

写真は反対討論をしているところと、御嶽山噴火災害に対応するため、防災服で議会に出席している知事はじめ理事者の皆さんです。あまりない光景なのでアップしました。

 

141009-1.jpg141009-2.jpg

 

 

2014年10月08日長野県議会一般質問を行いました

 

昨日、長野県議会一般質問を行いました。

来年4月に始まる「生活困窮者支援事業について」と「課題を抱えた生徒に対する支援について」取り上げました。

「生活困窮者支援事業」については、県下の相談窓口が、当初予定の10箇所から20箇所へ大幅拡充されたほか、町村にもサテライト窓口の設置を考えていただくなど、きめ細かな対応となりました。
また、就労支援については、県が広域的に市町村を支える体制をとる方向で検討することとなり、この点でも重層的な対応が期待されます。

また、「課題を抱えた生徒に対する支援」については、多くの不登校生徒、発達障害の生徒を抱きかかえるように教育し、一人一人に希望を与えている、長野市の「豊野高等専修学校」に対する支援を知事に要請。スピード感を持って事業実施!と力強い回答をいただきました。

これまで、生徒一人当たりの支援が公立高校の約1/25、私立高校の約1/10と、大変な思いの中で教育を続けてこられた校長先生に、本当に喜んでいただきました。

知事には、制度の狭間で光の当たらない中で頑張っている方に目を向けていただき、感謝申し上げました。
(この言葉、知事に送るのは2回目です。それほど、これまでの慣例を破る決断をしていただきました!)

 

141008.jpg

 

 

2014年10月05日第9回公明党長野県本部大会開催

 

本日、第9回公明党長野県本部大会を開催致しました。

私も再任のご承認をいただき、県代表として5期目のスタートを切ることができました。
結党50周年の佳節を迎える本年、再度使命を与えていただき身の引き締まる思いです。
清水純子副代表、近藤晴彦幹事長についても再任いただくとともに、新設の県本部幹事会会長には中川宏昌県議に就いていただきました。

県本部所属の全議員、党員支持者の皆様に心から感謝申し上げるとともに、共々に党勢拡大へ邁進する決意を申し上げました。

大会には漆原党中央幹事会会長、平木参議院議員においでいただき、それぞれ「地域創生」「今後の安全保障法整備」に関しての質疑にお答えいただくなど、参加者にとりましても有意義な大会となったと思います。

本年は、御嶽山噴火災害に対応した災害対策本部を開設する中での開催となりました。行方不明者の捜索が進むことを祈念し、今後の木曽地域の復興に向けて、国と地方連携のうえ支援していくことも確認させていただきました。

 

 

141005-1.jpg141005-2.jpg141005-3.jpg141005-4.jpg

 

 

ページの先頭へ