太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 反対討論

活動報告

2014年10月09日反対討論

 

本日、一般質問終了後に行われた、議員提案の意見書に対する質疑で、共産党から提出された「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書(案)」について、反対の立場から討論を行いました。

いかに共産党とはいえ、議会に対しては虚偽の内容を記した意見書を提出するわけにはいかなかったようで、彼らが街中などで語っている「フルサイズの集団的自衛権」が容認されたかのような「危険」「懸念」をちりばめた意見書というわけにもいかず、反対討論冒頭で「集団的自衛権の定義」を明確にしただけで...、すべての論拠が崩壊するという、およそ内容の浅い意見書案でした。
ただ、指摘されたことは相当に悔しかったらしく、嘘ゆえに意見書案に記載できなかった「ペルシャ湾が・・・」などと、顔を赤らめて騒ぐ若手共産党議員は、本当に知らないのか?と哀れに思うほどでした。
もっとわからないのが、民主党・社民系議員の動きです。
意見書に賛同の署名はしないものの、何人かは意見書採択のために起立するなど、対応がまちまちで、地方議会においても統一した行動がとれない姿を露呈してしまいました。

さて、「閣議決定」大嫌いな信濃毎日新聞が、明日何を書くかな?

写真は反対討論をしているところと、御嶽山噴火災害に対応するため、防災服で議会に出席している知事はじめ理事者の皆さんです。あまりない光景なのでアップしました。

 

141009-1.jpg141009-2.jpg