太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 2014年11月

2014年11月

2014年11月23日白馬村へ急行!

漆原衆議院議員と、白馬村の被災地に来ております。


これには、近藤松本市議、中川県議、勝山長野市議、太田大町市議今同行しました。


下川村長と面談し、状況等について、伺うとともに今後の復旧についてのご要望もいただきました。
被害の把握はこれからですが、100軒を超える家屋が倒壊し、各地で道路も寸断されています。

 

また、地元の宮沢県議に地元を回っていただき、被災状況をつぶさに拝見いたしました。

 

公民館では、時計が10時8分で止まっており、半壊状態となっています。その他、多くの被災者のお宅を訪問し、激励させていただくとともに、ご要望を承りました。

 

国会議員と連携のうえ、これからの被災地の復旧に、力を尽くしていきたいと思います。

 

 

141123-1.jpg141123-2.jpg141123-3.jpg

 

2014年11月21日こんにちは県議会です開催

 

今日は長野県議会広報委員会で、県政報告会・ふれあいミーティング「こんにちは県議会です」を開催しました。

年に一度行われる催しです。
昨年は県内公立で初めて中高一貫校となった屋代中学校、本年は進学に、スポーツに目覚ましい成果をあげている、佐久長聖中学校に伺い、生徒の皆さんのご質問などをお受けしました。

議長挨拶に続き、議会の仕組みや取り組んでいることなどをパワーポイントを使って説明。...
その後、質問コーナーとなります。

私は、他県の議会との違いや、条例の審議について。また、御嶽山の噴火災害に際しての議会の対応などについて説明致しました。

中学生の質問はとても真面目で鋭く、こちらも真剣にお答えしました。

なお、途中で衆議院解散・・・。とりあえず、電話は留守電にf^_^;)

さ、これから選挙モードに切り替えです。

 

141121.JPG

 

 

2014年11月17日第10回長野県地方自治政策課題研修会

 

今日は、第10回長野県地方自治政策課題研修会が開催されました。

長野県の全会派が参加して実行委員会を設置。県議会議員、県内の市町村長、市町村議会議員などを対象に、当面する政策課題について講演及び意見交換などを行いました。

今回は、先月東京銀座に開設された「銀座NAGANO〜しあわせ信州シェアスペース」のコンセプトマネージャーの古田秘馬氏、消滅自治体で衝撃を与えた「日本創成会議・人口問題検討分科会」構成メンバーで政策研究大学院政策研究センター所長の森地茂氏にご講演いただきま...した。

古田先生からは、都市と地域を「繋ぐ」コンセプトとアイディアについての考え方をお話しいただきました。「フェア」ではなく「シェア」、「伝える」ではなく「繋がる」、「観光地」ではなく「関係地」など、様々なヒントがありました。

森地先生には、「ストップ少子化・地方元気戦略」について、データに基づき講演いただきました

 

141117-1.jpg141117-2.jpg141117-3.jpg

 

 

2014年11月09日飯山市議選スタート

 

今日は、飯山市議会議員選挙の告示日です。
公明党からは、新人の「にしざわ一彦」候補が立候補しております。
漆原衆議院議員も駆けつけて下さり、公明党ならではの市、県、国のネットワークで、飯山市の活性化に力を尽くして参ります!

にしざわさんは、地元の中学校のPTA会長や地元の区長を歴任。
これまでも、党員として地域の声を届けてくれた即戦力の候補です。...

3月に迫った新幹線延伸に伴う飯山駅の開業による、観光はじめ経済効果とともに、移住・定住対策の促進に力を入れます!

投票日は11月16日です。皆さんのご支援を「にしざわ一彦」に賜りますよう、よろしくお願い致します。
141109-1.jpg141109-2.jpg

 

 

2014年11月07日危機管理建設委員会で御嶽山噴火災害調査

 

今日は、長野県議会 危機管理建設委員会で御嶽山噴火災害の対策などについて調査のため、木曽町、王滝村に来ております。

木曽合同庁舎で、木曽町の原町長、王滝村の瀬戸村長から陳情を受けた後、長野県木曽地方事務所、木曽建設事務所の説明を受けました。

捜索活動再開時のための支援や、火山の監視体制と二次災害防止対策の強化、山岳施設整備、情報伝達システムなどの危機管理体制の構築、捜索救助活動及び待機所運営に係わる財政的支援措置など、地元の町村長からの陳情には、できうる限りお応えしていか...なければなりません。

その後、被災者の皆様に対し献花を行いました。

その他、土石流対策のための国土交通省の仮設の砂防堰堤や除石工事現場、王滝川の濁水状況などを視察しました。

なお、御嶽山はいまだ噴煙をあげているものの、火口から4kmまでの警戒区域以外は、交通も、生活も全く支障ありません。
最後の紅葉も見頃ですし、温泉もあります。とても美味しい御嶽白菜に新そばも食べごろです。

どうか、観光で木曽を訪れることも支援と思って、多くの方々においでいただければと願います。

 

 

141107-1.jpg141107-2.jpg141107-3.jpg141107-5.jpg141107-6.jpg

 

 

2014年11月04日お出かけ政調会in佐久(2日目)

 

県議会会派のお出かけ政調会2日目。

はじめにJA長野厚生連 佐久総合病院佐久医療センターを視察致しました。
佐久医療センターは、救急・急性期医療、専門医療に特化した予約・紹介型の病院です。「救命救急センター」「脳卒中・循環器病センター」「がん診療センター」「周産期母子医療センター」の4つのセンター機能を柱にしながら、「地域医療支援病院」として、佐久市の提唱する世界最高健康都市構想と連携し、人材育成にも力を注いでいます。
災害拠点病院として、御嶽山の噴火災害においては...、DMATを派遣するなど長野県の医療をリードしていただいております。

次に、軽井沢町に移動して「学校法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢」に伺いました。
本年8月に開校。現在は1学年のみの49人(内日本人は11人)が学んでいます。
指導言語は英語!全寮制で、「国際バカロレア」プログラムを軸に教育を行っています。教員の質も高く、これからのグローバル時代を牽引する人材が、長野から育ってくれることを望みます!

 

141104-1.jpg141104-2.jpg

 

 

2014年11月03日お出かけ政調会in佐久

 

今日は会派のお出かけ政調会で、佐久市に来ております。
清水秀三郎議員が、コーディネートしてくれました。

活力ある取り組みを次々と打ち出し、全国的にも有名な岩村田本町商店街振興組合にお邪魔しました。
細川専務理事から、これまでの経緯や取り組みについてご説明いただいた後、商店街の視察もさせていただきました。
一過性のイベントなどでなく、人材育成に力を入れていることに感銘しました。...
例えばチャレンジャーショップとして「本町手仕事村」を空き店舗に開設。店舗内を小区画に分割して、低料金で貸し出すことにより、意欲ある商業者の出店を促し、そこから、店舗を構える商業者が育っていると言う取り組みがあります。
また、人材育成の拠点として「起業家育成塾」を開設。創業支援を行っています。
その他、学習塾や、子育て支援などを行うなど、一貫して人材育成に取り組む姿は、とても感心しました。

次に、ENDLESSってご存知でしょうか?
スポーツカーのブレーキやサスペンションを作っているメーカーです。
もちろん、量産もしていますが、国内外のトップレーシングチームの発注を受けて、質の高い製品を提供しています。
レースの中では、3割以上のチームが同社の製品を使用していることもあるそうで、長野県内にこんな優れたメーカーがあることに誇りを覚えました。

最後に、かつて我会派に所属していました、柳田佐久市長と懇談。
旧交を温め、活発な意見交換となりました。

 

 

141103-1.jpg141103-2.jpg141103-3.jpg141103-4.jpg

 

 

ページの先頭へ