長野県議会議員 太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 2015年5月

2015年5月

2015年05月28日頑張れ消防第5分団!

今朝は、長野市消防団第5分団のポンプ操法訓練の激励に来ました。

来月28日の大会に向けて、消防局の皆さんの指導を受けつつ、一生懸命訓練に取り組んでいます。

何気ない毎日の安全・安心も、こうした不断の努力によって守られています。


大会での大活躍をご期待しております!

 

150528-1.jpg150528-2.jpg150528-3.jpg

 

2015年05月23日千曲川・犀川総合水防演習

今日は、国土交通省、長野県、長野市による千曲川・犀川総合水防演習が行われました。

消防団による実践的な水防工法、消防・警察等公共機関による出水時の訓練、住民参加による訓練などが行われました。

 

150523-1.jpg150523-2.jpg150523-3.jpg150523-4.jpg150523-5.jpg150523-6.jpg150523-7.jpg

 

2015年05月22日県民文化・健康福祉委員長に就任しました

今日は、長野県議会で委員長・副委員長会議が実施されました。
県民文化健康福祉委員長として出席いたしました。
本年度の、委員会運営について協議・決定し、その後、委員会ごとに打ち合わせを行いました。

6月の冒頭に初委員会を招集予定で、その際に、各課から本年度の重要案件などの説明を受ける予定です。

充実した審議を行ってまりたいと思います。

 

150522-2.jpg150522-1.jpg

 

2015年05月16日さくらサポーターズ作業

今日は早朝から、地元櫻ヶ岡中学校の「さくらサポーターズ」の作業です。

「さくらサポーターズ」では、校庭の芝生化に取り組んでいますが、今日は芝刈機などを収める収納小屋の設置を行いました。

小雨交じりのなか、テキパキと作業が進み、次回には完成しそうです。

 

 

150516-1.jpg150516-2.jpg

 

2015年05月02日ネパール大地震被災者救援募金

長野駅前で、ネパール大地震被災者救援募金を行いました。
死者数は6200人超、負傷者も1万4000人に上り、行方不明者も3000人以上と、さらに被害の拡大が懸念されております。
東日本大震災のときには、ネパール政府からも支援が届けられたと聞きます。
私たちにできる支援を、身近なところから起こしていきたいと思います。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

150502-1.jpg150502-2.jpg150502-3.jpg150502-4.jpg150502-5.jpg

 

2015年05月02日憲法記念日を前に長野駅頭で街頭演説

明日の憲法記念日を前に、長野駅で街頭演説を行いました。
平和主義、基本的人権の尊重、国民主権の三原則を堅持。
広島・長崎に原爆が投下されて70年という節目の年であり、核廃絶の戦いの推進。
そして、憲法改正は、三原則を堅持しつつ、新たな理念を加える「加憲」の立場を訴えました。

憲法改正の議論が進んでいますが、「改正ありき」や「期限ありき」ではなく、国民的議論の高まりの中で、各党がが丁寧に議論を尽くし慎重に合意形成を図っていくことが重要です。

 

150502.jpg

 

2015年05月02日街なか市場開催中!

長野市中央通りで、街なか市場開催中です。
路上のパフォーマンスや出店で賑わっています。

今日、明日の11時から16時まで。


小松裕衆議院議員、近藤満里市会議員、齋藤幸代実行委員会代表と一緒にパチリ!

皆さん、是非お越しください!

 

 

150502-7.jpg

 

2015年05月02日ネパール大地震救援募金を行いました!

長野駅前で、ネパール大地震被災者救援募金を行いました。


死者数は6200人超、負傷者も1万4000人に上り、行方不明者も3000人以上と、さらに被害の拡大が懸念されております。

東日本大震災のときには、ネパール政府からも支援が届けられたと聞きます。

 

私たちにできる支援を、身近なところから起こしていきたいと思います。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

150502-2.jpg150502-3.jpg150502-4.jpg150502-5.jpg150502-6.jpg

 

2015年05月02日憲法記念日を前に街頭演説

明日の憲法記念日を前に、長野駅で街頭演説を行いました。

平和主義、基本的人権の尊重、国民主権の三原則を堅持。
広島・長崎に原爆が投下されて70年という節目の年であり、核廃絶の戦いの推進。
そして、憲法改正は、三原則を堅持しつつ、新たな理念を加える「加憲」の立場を訴えました。


憲法改正の議論が進んでいますが、「改正ありき」や「期限ありき」ではなく、国民的議論の高まりの中で、各党がが丁寧に議論を尽くし慎重に合意形成を図っていくことが重要です。

 

 

150502-1.jpg

 

ページの先頭へ