太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 全国身体障害者ほじょ犬サミット

活動報告

2015年06月20日全国身体障害者ほじょ犬サミット

今日は、松本市で「全国身体障害者ほじょ犬サミット」が開催され、私も公明党長野県本部代表として出席させていただきました。


サミットの総合プロデューサーであり、日本聴導犬協会の会長でもある、有馬もとさんよりお声かけいただき、公明党長野県本部としても、本サミットのご後援をさせていただいております。

 

これまでも、聴導犬に無理解な(っていうより知らない?)県での導入に際し行き詰まった場合に、公明党のネットワークで、私から当該の県の県議にお願いをしてきましたが、行政で理解が進んでいなければ、一般の皆さんが知っている訳ないですよね。


開会式に続き、分科会にも出席致しましたが、まだまだほじょ犬に対する社会の理解が進んでいないこと、それ以前に周知のための制度構築が進んでいないことなど、問題点が多く指摘されておりました。(周知のための、マークなども統一されていない状況です)

 

現在、長野県には、22頭の盲導犬、2頭の介助犬、1頭の聴導犬がいます。また、県の支援制度も整っております。さらなる活用を進めていきたいと思います。

今日のサミットを契機に、理解と周知が進み、バリアフリーのまちづくりが推進されることを願います。

 

 

150620-1.jpg150620-2.jpg150620-3.jpg