衆議院議員太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 2019年10月

2019年10月

2019年10月25日「台風19号等からの復旧・復興に向けた要望」

本日、公明党「令和元年・台風19号」対策本部として、安倍総理に対する「台風19号等からの復旧・復興に向けた要望」を行いました。
菅官房長官にお受けいただきました。
被災各県本部からの要望をお寄せいただき、取りまとめたものです。
被災地の課題は、日々刻々変化していますが、どこまでも「被災者第一」で、住まいの確保や、産業・生業の支援、ライフライン、交通インフラの早期復旧。更に破堤した堤防等では、二度と災害を起こさない「改良復旧」の推進など、ソフト・ハード両面にわたって総合的な支援を強く求めました。
現在降り続いている雨が心配です。これから地元に戻り、週末は被災者のもとに伺いたいと思います。

 

72939514_1839950399482100_6011317595637022720_n.jpg

 

2019年10月25日「内閣委員会」

本日の「内閣委員会」において質問を致しました。
台風19号による被災後の委員会であり、災害対策について現場の要望に即して質しました。
まず、応急仮設住宅への入居基準の緩和について。災害救助法では「全壊」が入居基準となっているため、「半壊(大規模半壊含む)」も対象として、地方自治体に対し通知すべきというものです。この件は、21日の公明党災害対策本部で取り上げ、更に通告に併せて内閣府と協議したことから、21日夜には被災県あて通知が出され、これにより長野県においては、本日から県営住宅の入居について募集が始まりました。更に今日の質問で、住宅再建のための一時的な使用も認めるとの答弁もいただき、被災者の生活再建の一助となったと思います。

次に中小企業等グループ補助金の実施を求めました。これは、昨年の西日本豪雨災害の際に、特に大きな被害を受けた地域を対象に、中小企業者、中小企業協同組合等に対し事業費の3/4を補助するもので、対象事業も、施設費、設備費等のほか、事務局体制の強化費も対象とするもので、中小企業の皆様の事業再建の大きな力となります。現在、前向きに検討いただいております。

更に「災害ゴミ」の処理について、広域連携による支援の枠組みづくりを依頼するとともに、汚水に水没した農産物についても、本来産業廃棄物とすべきところを「災害ゴミ」として処分できるよう、環境省、農水省で協議中との答弁をいただきました。

最後に、千曲川はもちろん、犀川、天竜川にある「県管理区間」を国の一元管理として、上流から下流まで統一した改修を行い、県民の安心につなげるよう求めました。今回の災害対策と併せて、今後真摯に検討するよう、更に求めて参ります。

 

73684701_1839479369529203_6390897665567096832_n.jpg

 

2019年10月24日内閣委員会

昨日の内閣委員会で質問しました。
応急仮設住宅への入居要件緩和について
災害ゴミの広域処理について
中小企業支援のためのグループ補助金について
千曲川の県管理区間の解消について
現場での要請を中心に、国の姿勢を質しました。

 

72842293_1838382266305580_7017930240441712640_n.jpg

 

2019年10月23日「内閣委員会」において質問を致しました。

本日の「内閣委員会」において質問を致しました。
台風19号による被災後の委員会であり、災害対策について現場の要望に即して質しました。
まず、応急仮設住宅への入居基準の緩和について。災害救助法では「全壊」が入居基準となっているため、「半壊(大規模半壊含む)」も対象として、地方自治体に対し通知すべきというものです。この件は、21日の公明党災害対策本部で取り上げ、更に通告に併せて内閣府と協議したことから、21日夜には被災県あて通知が出され、これにより長野県においては、本日から県営住宅の入居について募集が始まりました。更に今日の質問で、住宅再建のための一時的な使用も認めるとの答弁もいただき、被災者の生活再建の一助となったと思います。

次に中小企業等グループ補助金の実施を求めました。これは、昨年の西日本豪雨災害の際に、特に大きな被害を受けた地域を対象に、中小企業者、中小企業協同組合等に対し事業費の3/4を補助するもので、対象事業も、施設費、設備費等のほか、事務局体制の強化費も対象とするもので、中小企業の皆様の事業再建の大きな力となります。現在、前向きに検討いただいております。

更に「災害ゴミ」の処理について、広域連携による支援の枠組みづくりを依頼するとともに、汚水に水没した農産物についても、本来産業廃棄物とすべきところを「災害ゴミ」として処分できるよう、環境省、農水省で協議中との答弁をいただきました。

最後に、千曲川はもちろん、犀川、天竜川にある「県管理区間」を国の一元管理として、上流から下流まで統一した改修を行い、県民の安心につなげるよう求めました。今回の災害対策と併せて、今後真摯に検討するよう、更に求めて参ります。

 

73458755_1837784656365341_1421293528234852352_n.jpg

 

2019年10月22日佐久穂町の被災現場を視察。

公明党長野県本部の中川宏昌県議・岡部勝一佐久穂町議と共に、佐久穂町の被災現場を視察。
抜井川、余地川では43世帯の床上浸水が発生し、450mにわたって、道路が崩落するなど大変な被害となっています。
被災者からも、今後の生活再建について、また農業の継続についての不安などが寄せられました。
その後、町役場にて佐々木勝町長と面談。できる限りのご支援をお伝えしました。町長からも、国、県はじめ人的支援についての感謝が寄せられるとともに、今後の継続的な支援について要請をいただきました。
町議、県議と共に、できる限りのご支援に力を尽くして参ります。

 

72859419_2417237175069397_4535231571879264256_n.jpg
73497791_2417237185069396_8281782482492194816_n.jpg

 

2019年10月22日佐久市の被災状況を視察してまいりました。

公明党佐久市議会の和嶋美和子・江本信彦・小林歳春議員と共に佐久市の被災状況を視察してまいりました。

柳田清二佐久市長にもご同行いただき、機能停止している佐久市下水道管理センター(現在は簡易処理放流を実施中)、常和地区(田子川支流)の床上浸水、大和田(湯川)の落橋現場などを視察、説明いただき、被災者からのご要望を承りました。
20年前にも被災された方から、河川改修に対する厳しいご指摘をいただきました。復旧ではなく、同様の豪雨に対応できる改修が求められています。県と協力して、ご期待に添えるよう力を尽くして参ります。

 

73554703_1836464036497403_7093696388415881216_n.jpg
75223742_1836464056497401_4379857285950734336_n.jpg

 

2019年10月20日上田市内の千曲川堤防崩落による調査

上田市内の千曲川堤防崩落による、上田電鉄別所線の橋梁の被災現場及び、東御市海野地区のバイパス崩壊に伴うしなの鉄道の田中駅から上田駅までの運休現場に、調査のため伺いました。

清水純子長野県議、池上喜美子・半田大介上田市議・高木真由美東御市議も同行。
いずれも市民の足として必要な路線であり、早期の復旧と代替輸送の確保について、国の支援は欠かせません。国土交通省から鉄道局長にもおいでいただき、現地の視察と地元自治体や鉄道会社からご要望をいただきました。

 

74571402_1834067130070427_6386668071968309248_n.jpg
73417804_1834067126737094_8097635171265675264_n.jpg

 

2019年10月19日被災地の農業被害について調査をいたしました。

本日は加藤康治県議・近藤満里市議と共に、党の農水部会長である谷合正明参議院議員を迎えて、JA長野中央会の雨宮会長とともに、被災地の農業被害について調査をいたしました。フルーツセンター、ライスセンターなどの選果場の壊滅的な被害を始め、りんごや米などの農作物の処分、SSなど水没し壊れてしまった農機具の手当て、水没した果樹の再生など、生産者が離農しないよう、さらにこれからの農業に希望を持てるような応援が必要です。
最も被害の激しい破堤現場にも赴き、被災の実態をつぶさに実感致しました。

 

72848042_1832816440195496_1928939700341440512_n.jpg
73482738_1832816450195495_5177129720055070720_n.jpg
73324299_1832816396862167_1337291110455705600_n.jpg

 

2019年10月18日「水害があったら、どうすればいいの?」

「水害があったら、どうすればいいの?」このチラシが、わかりやすい

l.php

2019年10月17日山口代表、堤防決壊した長野市へ

現場からいただいた課題は、すぐに県、市につなぎ、本日党の災害対策本部で各省庁に繋がせていただきました。

l.php

2019年10月16日本日、公明党山口那津男代表、山本香苗参議院議員が長野県に駆けつけて下さいました。

本日、公明党山口那津男代表、山本香苗参議院議員が長野県に駆けつけて下さいました。
穂保地区の千曲川破堤現場で、国交省からの復旧に向けての説明を受けた後、被災地をまわって被災した方からのご要望の聞き取りと、激励をいただきました。
破堤した堤防は、明日までには復旧の見込みとのこと。週末の天候も心配なことから、急ピッチで工事を進めていました。
その後、加藤長野市長と面談。党として、全力で支援する旨お伝え致しました。
なお、本日現場からいただいたご要望やご心配なことなど、全て県・市の災害対策本部にお伝えして、対応いただくよう要望しました。
今回、様々なご要望をいただく中で、特に銘記したいことは、山本議員が同行して下さったことにより、女性の気持ちに立った要望をお受けすることができたことです。(避難生活の中での着替えのことや、お風呂のことなど)このことから、避難所には、常時女性を配置していただくよう、市に対してご要望するとともに、公明党県本部としてもこの点留意するよう共有致しました。
災害から4日目となり、これから復旧、生活再建に力を尽くして参ります。

 

72756395_1829296427214164_5929961453237829632_n.jpg
72397960_1829296477214159_8479984133597036544_n.jpg
72850364_1829296537214153_5539436810205134848_n.jpg

 

2019年10月14日JR長野駅、北陸新幹線の長野東京間が動き出しました。

JR長野駅、北陸新幹線の長野東京間が動き出しました。
1〜10号車の全て自由席です。
早期復旧、関係者のご努力に感謝します。
なお、11号車のグリーンと、12号車のグランクラスは、連結されているものの、乗客は乗せないとのこと。これももったいない話ですが。

 

72364563_1826664760810664_431549728262455296_n.jpg
72222614_1826664770810663_5083860489428008960_n.jpg
72154273_1826664807477326_7069319996584755200_n.jpg

 

2019年10月13日台風19号

台風19号により千曲川では堤防が決壊した長野市穂保地域のほか、11箇所で濁流が越水するなどの氾濫が発生。大きな被害となっています。

 加藤康治県議・松井英雄・勝山秀夫・堀内伸悟長野市議と共に、松代地区、篠ノ井地区及び堤防決壊した穂保地区、更に入院患者さんが孤立してしまった県立総合リハビリテーションセンターと、避難所、被災者を訪問。

被災者に対する食事の手配など、その場で手配できることは対応致しました。
災害は現在進行形であり、取り残された被災者の救助や、内水氾濫も含めての排水ポンプの絶対的な不足。停電、下水処理施設の被災による、トイレの使用制限など課題は山積です。
公明党の、災害対策本部を通じて、お伝えすべきは伝え、現場の対応は、市議、県議と行っています。

 

72349763_1825873080889832_817308108647825408_n.jpg
72556525_1825873114223162_3921643511656480768_n.jpg
71946486_1825873134223160_2277944632530698240_n.jpg

 

2019年10月10日全国葬祭業協同組合連合会 全国大会

昨晩は富山市に移動して、全国葬祭業協同組合連合会の全国大会に出席、挨拶致しました。

 

71808089_1822430141234126_3139109386677387264_n.jpg

 

2019年10月10日母校長野市立芹田小学校の児童が国会見学に来てくれました。

昨日は、私の母校長野市立芹田小学校の児童が国会見学に来てくれました。(校歌歌えるの?とのツッコミがありました(笑))
本会議場の傍聴席に座って事務所秘書からの説明や質問など、満足してもらえたと思います。

 

72243081_1822419121235228_6264023360980647936_n.jpg

 

2019年10月09日「地方議会局会議」

今日は、党本部で「地方議会局会議」に出席。地方議会局長を拝命して初めての会議です。
地方議会で審議いただく意見書案などについて協議致しました。

中川康洋次長は、三重県の代表で市議、県議、衆議院議員を務められました。輿水恵一次長も、政令市議、衆議院議員を務められた方。
また田村耕作千葉県議・西村恭仁子神奈川県議・久保里香中野区議 と、地方議会で活躍している一騎当千の皆さんです。
現場で奮闘する地方議員の役に立つ地方議会局となるよう努力して参ります。

 

72954701_1821622564648217_5394992490195451904_n.jpg

 

2019年10月05日「いばら祭」

地元長野市の豊野高等専修学校の学園祭「いばら祭」に行ってきました。
豊野高等専修学校は、様々な事情で学校に行けなくなった、不登校の子ども達を受け入れ、素晴らしい成果を挙げています。
理事長の山岸先生は、全国の高等専修学校協会の理事を務めておられ、この度の私立高校授業料の実質無償化についても、様々ご提言をいただき、そこで学ぶ子供たちのため応援をすることができました。「いばら祭」は、明日まで行われています。是非、お越しください!

 

71474899_1817203715090102_2712653820340469760_n.jpg

 

2019年10月01日「党過疎地に関するプロジェクトチーム」

昨日「党過疎地に関するプロジェクトチーム」で、高知県、香美市、本山町を視察。
石田祝捻政調会長、山本博司座長(参議院議員)に同行させていただきました。
過疎関係市町村は、全国道府県内に817団体あり、全市町村の約5割。人口は約1割。面積は国土の6割を占めています。
高知県庁では、尾崎知事と懇談。過疎が進む中山間地域(奥山間地と言われました)の高知県の施策を伺い意見交換。
高知県が推進し、県下54箇所に設置した「集落活動支援センター」や、地域を支える「高知ふるさと応援隊」など、中山間地の課題に対応した施策が展開されています。
香美市では、法光院市長から、市の事業の説明及び意見交換の後「集落支援センター」「あったかふれあいセンター」「健康センターセレネ」を視察。
本山町では、細川町長から、町の事業の説明及び意見交換の後「観光拠点施設モンベルアウトドアヴィレッジ」「簡易水道施設」を視察。
令和3年3月31日に期限を迎える「過疎対策法」や過疎債の拡充など、国の支援を強く求められています。

 

71192124_1812896878854119_6186885301667889152_n.jpg
71273395_1812897015520772_8495435931279425536_n.jpg
71677055_1812896925520781_6336578007288774656_n.jpg
71745867_1812896935520780_3473256313297829888_n.jpg

 

ページの先頭へ