衆議院議員太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告 > 「党過疎地に関するプロジェクトチーム」

活動報告

2019年10月01日「党過疎地に関するプロジェクトチーム」

昨日「党過疎地に関するプロジェクトチーム」で、高知県、香美市、本山町を視察。
石田祝捻政調会長、山本博司座長(参議院議員)に同行させていただきました。
過疎関係市町村は、全国道府県内に817団体あり、全市町村の約5割。人口は約1割。面積は国土の6割を占めています。
高知県庁では、尾崎知事と懇談。過疎が進む中山間地域(奥山間地と言われました)の高知県の施策を伺い意見交換。
高知県が推進し、県下54箇所に設置した「集落活動支援センター」や、地域を支える「高知ふるさと応援隊」など、中山間地の課題に対応した施策が展開されています。
香美市では、法光院市長から、市の事業の説明及び意見交換の後「集落支援センター」「あったかふれあいセンター」「健康センターセレネ」を視察。
本山町では、細川町長から、町の事業の説明及び意見交換の後「観光拠点施設モンベルアウトドアヴィレッジ」「簡易水道施設」を視察。
令和3年3月31日に期限を迎える「過疎対策法」や過疎債の拡充など、国の支援を強く求められています。

 

71192124_1812896878854119_6186885301667889152_n.jpg
71273395_1812897015520772_8495435931279425536_n.jpg
71677055_1812896925520781_6336578007288774656_n.jpg
71745867_1812896935520780_3473256313297829888_n.jpg