長野県議会議員 太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > ビジョン

ビジョン

太田まさたかの7つの挑戦

子育てに安心

  • 小児救急電話相談サービス(#8000番)の充実など小児救急医療体制の充実を図ります。
    小児救急電話相談が2006年12月1日よりスタートしました。 現在は、固定電話のみで、携帯電話からは、(#8000)はつながりません。携帯からもかけられるようにします。また、受付時間が、19時から23時までですが、夜中も対応するように充実します。
  • 乳幼児医療費窓口無料化の実現を目指します。
    長野市の乳幼児医療費の無料化は、就学前まで拡充をしましたが、窓口で一時負担をしなければなりません。この一時負担を無くし、完全無料化を目指します。
  • 「認定こども園」の設置を促進します。
    認定こども園は、保育園と幼稚園のメリットを併せ持つ施設です。例えば、幼稚園の3歳以上対象を0歳時以上にしたり、保育園の入園条件の「保護者の就労」をなくした施設です。

安全・安心のまちづくり

  • 学校、病院などの公共施設の耐震化を促進します。
    防災拠点となる公共施設等の耐震化率は63%。一層の耐震化の推進をします。
  • 災害を未然に防ぐ事前対策を強化します。
    土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域の早期指定を進めます。
  • バリアフリーのまちづくりを進めます。
    「新バリアフリー法」が、2006年12月から施行されました。福祉タクシーの追加、高齢者や障害者用の施設などをつなぐ道路の整備を促進します。
  • 子どもを守る「地域自主パトロール組織」への支援策の充実を図ります。

いきいき健康長寿社会

  • 定年後の団塊世代をサポートする総合支援窓口 「JJカフェ(仮称)」の創設を目指します。団塊世代では、60歳を過ぎてからも働きたいと考える人は6割。働く場、趣味やボランティアなどを紹介する窓口を設置し、団塊世代を支援します。

長野の自然と環境を守ります

  • 「バイオマス立県ながの」を目指し、再生可能なバイオマスの利用を進めます。
  • エコスクールの推進を図ります。
  • 廃棄物対策の推進を図ります。

食と農業の振興

  • 食育、地産地消運動を推進します。
  • 農産物のトレーサビリティー(生産・流通の履歴追跡)ならびに食品表示を強化し、安心の食卓を目指します。

長野に活力

  • 企業誘致施策の充実を図ります。
  • 若者の就労支援策に全力で取り組みます。

教育県長野の再生

  • 小中一貫教育の実現を目指します。
  • いじめや不登校対策としてサポーター派遣事業の創設を目指します。

ページの先頭へ