太田まさたか(おおたまさたか)

活動ブログ

2021年1月16日

赤羽国土交通大臣の随行で新潟県に

赤羽国土交通大臣の随行で新潟県に。
上越市では、1月9日の24時間降雪量103cm、10日までの48時間降雪量160cmはそれぞれ観測史上最大。11日には249cmの積雪深となり、除排雪のために自衛隊が出動するなど、大変な被害となっています。
えちごトキめき鉄道では、JRの協力も得て、本日の「大学入学共通テスト」に間に合わせて運行を復旧することができたと胸を撫で下ろしていましたが、今回の豪雪で6日間運休となったとのこと。コロナ禍もあいまって、公共交通に対する支援が必要です。
その後、村山上越市長、米田糸魚川市長、花角新潟県知事とそれぞれ面談。除雪費用が大幅に嵩んでおり、道路除排雪費の国庫補助、特別交付税の繰上げ交付、除雪応援体制の構築、公共交通確保のための支援などについてご要望を承りました。
また、高田河川国道事務所・直江津国道維持出張所では、除排雪の現場でご奮闘いただいている企業の皆さん、国交省の現地機関の皆さんをご慰労し感謝申し上げました。
公明党新潟県本部の志田邦男代表・安澤峰子・市村浩二県議・杉田勝典・山田忠晴上越市議も同行。これからもネットワークの力で、現場の課題に取り組みます。

アーカイブ

トップページへ戻る