太田まさたか(おおたまさたか)

活動ブログ

2021年7月9日

長野市の国道19号篠ノ井小松原地先の地滑り現場を加藤康治県議と共に調査

長野市の国道19号篠ノ井小松原地先の地滑り現場を加藤康治県議と共に調査。
長野市の樋口副市長と現地でご一緒し、長野国道事務所、長野市建設部から聞き取り調査。その後長野県土尻川砂防事務所で、所長より今後の対策について詳細な説明を受けました。
7月6日に地滑りが発生し、国道19号は全面通行止め。通勤、通学を始めとして、市内の幹線道路であり、大きな影響が出ています。
地滑り現場では、昨日から伸縮計が設置され、計測が始まりました。今後地滑りが収まった段階で対策が進められることになります。
国道の早期の開通に向け、支援と対策を強く要望いたしました。

アーカイブ

トップページへ戻る